会社設立のメリットとデメリット


 
会社設立を考えている方も多いのではないでしょうか。
近年はより気軽に会社を設立できるようになり、多くの方が起業するようになっています。
実際に起業するのはとても簡単で、それこそ学生でもサラリーマンでも主婦でもできるようになっているのが特徴です。
もちろん、しっかりと事業計画を立てて大々的に起業するという方もいます。
会社設立に関しては、その他にも税金対策で行う方もいるなど、その形は変わってきています。
では、会社設立をするメリットとデメリットはどのような点があるのでしょうか。
それを知っておくだけでも、やはり会社設立に対する考え方が大きく違ってきます。
まずはそこをしっかり考えてみてはいかがでしょうか。
会社設立によっては、色々と楽しめることも多く、近年は新たな門出として行っている方も増加傾向にあります。

会社設立をするメリットは、まず社会的な信用を得られるという点にあります。
やはり会社を運営や経営しているとなると、社会的に見ても信頼できる人だと思われるでしょう。
その他、会社設立を行うことによって、事業が円滑に進められます。
個人事業主やフリーランスという形態も近年は増えているのですが、やはり会社や企業として行っている場合、信用や信頼も違ってきます。
その他、会社設立をすることによって節税になるのも魅力ですし、その他の魅力もとても大きいのではないでしょうか。
近年はより気軽に会社設立できることも魅力となっているので、積極的に挑戦してみるのも良いかもしれません。
まずは、しっかりと会社設立について考えてみて、どのように対応できるのかを考えてみてはいかがでしょうか。
近年はあまり難しくなく会社設立もできるので、心配なことがある場合は専門家に相談してみてください。

会社設立のデメリットに関しては、面倒な手続きや申請が必要ということです。
こればかりは国が定めていることなので、やはりどうしても行わなくてはなりません。
ただ、素人にとってはあまり情報がわからないこともあり、手続きや申請についてもなかなか気を遣えるということがありません。
そうなってくると、やはりどうしても手間や面倒が大きくなってしまうでしょう。
そこもしっかりと考えて、その上で色々と挑戦することが必要となってきます。
もちろん、そうは言っても専門家に相談すればすぐに解決できるので、そこは安心して良いでしょう。
まずは専門家を見つけて、無料相談などを受けてみると良いです。

オフィスに会社を設立する

 

現在のように不景気で、会社勤めをしても将来性が全く無いような時代には、自分で会社を設立する人も多くなっています。
個人事業として独立する人もいれば、法人として独立する人もいるでしょう。

今回は法人として会社を設立する場合について紹介していきたいと思います。
最初はあまりお金がない人が多いので、オフィスを借りるという人も多いでしょう。

法人として会社を設立する場合や、オフィスを借りる場合には、必ず書類を作成して提出する義務があります。
そこで必要になる書類について見ていきましょう。

個人事業であれば簡単に開始できるのですが、法人の場合にはそうはいきません。
必要な書類だけでもかなり多くなるのですが、まずは登記申請書を作成しましょう。

登記申請書は法務省のサイトからダウンロードすることが可能です。
そして登録免許税分の収入印紙を貼り付けたA4用紙も必要になります。

さらに発起人の決定書や取締役の就任承諾書、代表取締役の就任承諾書に監査役の就任承諾書も必要になるので、これだけでも相当な数が必要ですし、労力もかかってくるのです。
これで終わりではなく、他にも取締役の印鑑証明書や資本金の払込を証明する書類、印鑑届出書も必要ですし、登記することを保存してある書類も必要です。

ただし、登記することを保存する書類は、紙母体でなければいけないわけではないので、CDやフロッピーディスクでも問題はありません。
書類だけを見ても、会社の設立にはこれだけ必要になってくるのですが、オフイスを借りる場合には、さらに必要な書類が増えるのです。

法人として借りるのですから、法人謄本に会社概要が記載されているパンフレットや公式サイトのコピー、さらに決算書が2期分と代表者の身分証明書が必要になります。
これらを揃えなければ、オフィスを法人として借りることはできません。

もちろん一般的な賃貸住宅と同じように、連帯保証人も必要になりますし、賃貸契約書に記載する必要も出てくることはいうまでもないでしょう。
これらの作業を全て自分だけで行うと、かなりの時間が必要になってしまいます。

そこで起業時の手続きなどを簡単に行うことができるサービスを利用するのがよいでしょう。
その1つが会社設立 freeeです。

書類の作成が簡単にできますし、専門家によるサポートも受けられるので、初めて会社を設立する場合には、利用してみてはいかがでしょうか。
このサービスを利用することによって、時間と手間だけではなく、料金も節約することができるのです。

株式会社設立書類には印鑑も不可欠

株式会社設立するときには、多くの書類が必要になります。
この書類の作成には、専用の印鑑も必要になります。
それがあって初めて作成できる書類もありますから、印鑑の用意も同時に行っていくことが大事です。
“株式会社設立書類には印鑑も不可欠” の続きを読む

株式会社設立に必要な印鑑証明

これから株式会社の設立を考えている方も多いでしょう。
そのときに必要な書類はいくつもありますが、印鑑証明もその1つになっています。
これは会社設立のときだけ必要になる専門書類ではなく、その他の場面でも使われる証明書類です。
だからこそ会社設立のときには見落とすこともありますから、忘れないようにチェックしておき、必要なときにすぐ用意できるようにしておくと安心です。
“株式会社設立に必要な印鑑証明” の続きを読む

会社設立に必要なもの

近年、会社設立をしたいを意気込む若い世代の人が増えていますが、会社設立にあたって必要なものとはどんなものでしょうか?
これは会社設立の流れに沿ってチェックしていくと分かりやすいので、ここではそこに合わせて必要なものを紹介していきたいと思います。

まず最初に準備しておきたいのが印鑑で、日本は契約の際に必ず印鑑を使用する印鑑社会ですから、会社設立に際しても当然必要になります。
会社設立するときに必要な印鑑は全部で4つあって、法人実印・銀行印・社印・ゴム印とあります。
“会社設立に必要なもの” の続きを読む

株式会社の設立手続き


会社の種類といえば現在は株式会社の方がまだメジャーです。
新規に会社設立を考えている方も、こちらの設立を考えている方も多いでしょう。
その手続きはどうなっているのでしょうか?

まずは定款作りからスタートです。
これは書類になるのですが、設立時にだけ必要な届出ではなく、設立後もずっと関係してくる重要書類ですから、あとのことを考えてしっかり作らないといけません。
これはその会社の概要をまとめた書類となります。
社名、所在地、資本金などの公式情報のほか、事業年度の設定や株式の譲渡制限の有無、役員の任期など、運営情報も載せる必要があります。
“株式会社の設立手続き” の続きを読む

登記申請と登記申請後

会社設立において非常に重要になるのが法務局で行う登記手続きですが、会社設立に関する情報を提供しているサイトを見ると多くが登記手続きでひと段落させています。
確かに登記申請が通れば法人として認められれますので、ひと段落するのですがそれですべてが終わったわけではありません。

そこでここでは登記申請と登記申請後に行う手続きについて説明していきたいと思います。
はじめに登記申請は会社の所在地の管轄となる法務局で行いますが、基本的には必要書類を揃えて申請するだけなのでそれほど難しいわけではありません。
“登記申請と登記申請後” の続きを読む

会社設立に必要なもの

会社設立は個人事業の開業よりもいろいろな手続きをしなければならず大変ですが、会社設立までの流れはそれほど大きな違いはありませんし、必要なものが何かその流れの中で確認できればスムーズに進められます。
それでは会社設立の流れに沿って必要なものを紹介していきますが、まずは会社の基本事項となる会社名・会社の所在地・事業内容の3つを決めます。

会社名は会社の看板となるものなのでそれにふさわしい名前をつければいいのですが、基本的に自由なので自分の名前を入れても構いませんし好きな言葉や事業に関連するワードを加えても構いません。
ただし商号が必ず入りますので、株式会社であれば○○株式会社あるいは株式会社○○となります。
“会社設立に必要なもの” の続きを読む

会社設立の際の提出書類

会社設立手続きを進めるにあたって、どこにどんな書類を提出すればいいのか分からないという人も多いと思いますが、これはあらかじめスケジュールを理解しておけば分かりやすいです。
会社設立手続き=難しいと考えている人の多くは、手続きの多さに対してそう思っているだけで、実際にやることは順番も決まっていますし、それほど難しいわけではありません。

“会社設立の際の提出書類” の続きを読む

会社設立に必要な書類

会社設立は個人事業の開業とは違って開業届を出せばひと段落というわけではありません。
ひとつひとつステップを踏んでいかなければならず、必要書類も手続きによって違いますからしっかり情報収集して準備していかなければなりません。

“会社設立に必要な書類” の続きを読む