会社設立に必要なもの

近年、会社設立をしたいを意気込む若い世代の人が増えていますが、会社設立にあたって必要なものとはどんなものでしょうか?
これは会社設立の流れに沿ってチェックしていくと分かりやすいので、ここではそこに合わせて必要なものを紹介していきたいと思います。

まず最初に準備しておきたいのが印鑑で、日本は契約の際に必ず印鑑を使用する印鑑社会ですから、会社設立に際しても当然必要になります。
会社設立するときに必要な印鑑は全部で4つあって、法人実印・銀行印・社印・ゴム印とあります。

法人実印は登記手続きをするときに必要になりますし大きな契約をするときには必ず必要になりますので、会社でもっとも重要度の高い印鑑と言えるでしょう。
たとえば銀行から融資を受けるときや不動産関連の大きな契約をするときにも必要になります。

法人実印は直径18mmの丸印が使用され、大きさの制限は登記上1辺の長さが1cmを超え、3cm以内の正方形に収まるものと定められています。
次に銀行印ですが、これは文字通り銀行口座を開設するときに必要になる印鑑で、それ以外にも手形や小切手を発行するときに使われます。

法人実印と銀行印は非常に重要度の高い印鑑ですから、保管は厳重にしてください。
その一方で社印とゴム印は日常的に使う機会の多い印鑑で、社印はちょっとした契約を結ぶときや社内の書類に捺印するときに使われることが多く、ゴム印は会社名や会社の所在地、電話番号などが記載されているので配送物を送るときに書類に押されたりします。

次に会社の基本事項や機関設計などを記載した定款という書類を作成し、株式会社だと認証手続きを行います。
このときに必要になるのが定款3部と発起人(出資者)の印鑑証明書、発起人(出資者)の実印、身分証明書、公証人手数料50,000円、定款の写し交付手数料250円×定款のページ数、印紙代40,000円です。

ただし電子定款の場合は印紙代40,000円は不要です。
そして資本金の払い込みを終えたら登記申請を行いますが、このときに必要になるのが登記申請書、登録免許税分の収入印紙を貼り付けたA4用紙、定款、発起人の決定書、取締役の就任承諾書、代表取締役の就任承諾書、監査役の就任承諾書、取締役の印鑑証明書、資本金の払込を証明する書類、印鑑届出書、登記事項を保存したCD-RかFDになります。

このように会社設立の際には必要なものが多いのでチェックリストなどを作っておくといいでしょう。