株式会社の設立手続き


会社の種類といえば現在は株式会社の方がまだメジャーです。
新規に会社設立を考えている方も、こちらの設立を考えている方も多いでしょう。
その手続きはどうなっているのでしょうか?

まずは定款作りからスタートです。
これは書類になるのですが、設立時にだけ必要な届出ではなく、設立後もずっと関係してくる重要書類ですから、あとのことを考えてしっかり作らないといけません。
これはその会社の概要をまとめた書類となります。
社名、所在地、資本金などの公式情報のほか、事業年度の設定や株式の譲渡制限の有無、役員の任期など、運営情報も載せる必要があります。

この定款に書かれた内容通りに、その株式会社は運営しないといけません。
そのことからも、定款とは会社の憲法とも言われています。
この書類を完成させるのが、重要な設立手続きとなります。
フローとしては一番最初になりますから、その会社の社名や所在地などの決定のほか、運営方針も決めていってください。

なお、これを作るときはプロに相談しながら作ったり、無料のテンプレートなど使ったりしながらやるのが基本です。
それらも活用しつつ、定款に必要な項目をリストアップし、各項目の内容を確定していき、最終的に1枚の書類へとまとめてください。
まとめ方については、書式に決まりがあるため、テンプレートを活用するのがおすすめです。

なお、会社設立の手続きでは、最終的に法人用の印鑑が必要になります。
定款作りの中で社名が確定したら、印鑑を注文しておきましょう。

定款が完成したら、それを公証役場へもっていき、認証してもらいます。
これはその定款の中身を公証人に確認してもらい、この時期に定款を作っていたこと、その内容をあとで証明してもらえるようにするのです。
この手続きは合同会社では不要ですが、株式会社では絶対に必要です。
まずはこちらで認証の手続きをきちんと受けてください。

それが終わったら、用意した資本金を振り込みます。
このときに使う口座は、発起人個人のものでOKです。

この次のステップが、最後の手続きとなります。
それが法務局での登記です。
こちらでこれから作る株式会社のデータを、法務局に登録してもらいます。
これが終われば株式会社は完成です。

ただ、こちらでは定款を始め多くの必要書類がありますし、法人用の印鑑がここで必要になります。
必要物は事前によく確認しておくことが大事です。
以上が株式会社の設立手続きとなります。
自分でもできる流れとなりますから、よく確認の上、1つずつこなしていってください。