会社設立に必要な書類

会社設立は個人事業の開業とは違って開業届を出せばひと段落というわけではありません。
ひとつひとつステップを踏んでいかなければならず、必要書類も手続きによって違いますからしっかり情報収集して準備していかなければなりません。


会社設立に必要な書類を一度にすべて把握するのは難しいと思いますので、手続きごとにどんな書類が必要になるのかあらかじめ明確にしておけば手続きをするときに忘れることもなくなるでしょう。

まず最初にポイントとなる手続きが定款の作成と認証手続きですが、定款は会社名や会社の所在地、事業内容といった基本事項や会社の組織図となる機関設計、資本金などを記載した言うならばルールブックのようなものです。

定款の作成は公証役場で紙でもできますが、その場合印紙代40,000円が必要になってしまうため、今はオンライン上で手続きできる電子定款が主流になっています。
しかし電子定款は専用のソフトを導入しなければならなかったり、専門的な知識が必要になるので司法書士など書類作成の専門家に依頼することをおすすめします。

定款の認証手続きは株式会社を設立するときのみ必要になる手続きですが、この際に提出するのは定款3通と発起人の印鑑証明書です。
印鑑証明書は発起人の住んでいる住所の管轄の市町村役場で取得して持っていきましょう。

定款の認証が終わったら資本金の払い込みを行い、法務局で登記手続きをします。
登記申請は必要な書類が非常に多くなりますので、ひとつひとつ必ずチェックしましょう。

申請に必要になる書類は登記申請書、登録免許税分の収入印紙を貼り付けたA4用紙、定款、発起人の決定書、取締役の就任承諾書、代表取締役の就任承諾書、監査役の就任承諾書、取締役の印鑑証明書、資本金の払込を証明する書類、印鑑届出書、登記すべきことを保存したCD-RかFDになります。
この中にはインターネット上からテンプレートをダウンロードできるものもあって、登記申請書、発起人の決定書、取締役の就任承諾書、印鑑届出書はテンプレートが比較的見つけやすいですし、その他の書類も作成例などが記載されています。

また登記申請時には登録免許税150,000円が必要になりますので現金か収入印紙で準備しておきましょう。
登記申請を専門家に依頼する場合は司法書士がおすすめで、司法書士は登記書類の作成だけでなく申請代行もできますから自分が会社スタートに向けた業務に集中できます。