会社設立の手続きにはどれくらいの時間がかかるの?

会社設立後、すぐに会社としてビジネスを行いたい人は、会社設立をするのにどれくらいの時間がかかるのか気になっている人も多いと思います。

会社設立までにはいろいろと決めておかなければならないことがあり、仮にそれを事前に決めておいたとしても、手続きに時間がかかってしまうため最低でも1週間~2週間くらいの時間がかかってしまいます。

・手続きをする前に決めておくこと!
手続をする前に事前に決めておいたほうがいいものとは、商号と言われる会社名を決める、本店所在地を決める、事業目的などを決めておかなければなりません。

これらは決めるのに時間がかかるため、会社設立をしようと思ったときに考えると時間をロスしてしまう可能性があります。

また、商号や本店所在地、事業目的などは登記に必要な、定款の作成の中で明確に記さなくてはならないので、どんな会社名にするのか、事業目的や将来やりたい事業についても考えておきましょう。

事前に考えておくことで時間が無駄になることはなく、スケジュール通りに会社設立をさせることが出来ますよ。

・書類に不備がなければ1週間~2週間程度!
定款の認証を受けるまでにかかる時間は大体1週間程度だと言われていて、定款の作成に時間がかかってしまうためだと言われています。

定款の認証を受けることが出来れば、登記の申請を行うことになります。

登記の申請にかかる時間は、申請をしてから1週間~10日程度かかると言われています。

しかし、書類に不備があった場合は、申請をしてから登記が完了するまでに時間がかかってしまう恐れがあるので、あまり時間をかけたくないという人は提出する書類に不備がないかをよく確認してから申請を行うようにしましょう。

このように、会社設立には大体1週間~2週間程度かかると言われています。
これは手続きだけでなく書類作成の時間も含まれているため、事前に書類を作成できる場合は登記の申請期間である1週間程度の時間で会社を設立できます。
会社設立に時間をかけたくない人は、商号や本店所在地、事業目的などを明確にしておき、定款の作成をスムーズに行えるようにしておきましょう。
定款の作成をスムーズに出来れば時間をロスしてしまうこともなくなり、自分が決めたスケジュールに沿って会社設立をさせられると思います。
自分で手続きをすると不備があったときに時間がかかりそうで困るという場合は、専門家に依頼して最短時間で手続きを完了させられるようにするのもおすすめですよ。