会社設立に必要な書類

会社設立するためには様々な書類が必要になり、それらをすべて正しく準備して提出しなければなりません。
個人事業主なら開業届を出すだけで良かったのですが、会社設立となるとやることも多いので戸惑ってしまう人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は会社設立に必要な書類をまとめてみたので紹介していきます。
まずひとつめは定款で、これは会社の名前や会社の所在地、事業内容、機関設計、資本金などを記載した非常に重要な書類であり、いわば会社のルールブックとも言える書類です。

株式会社を設立する場合は定款を作成したあとに公証役場へ提出して認証をしてもらわなければなりませんので、出来上がったものを公証役場に持参しましょう。(合同会社などは定款の作成のみで可)
定款の作成は電子定款で行うのが一般的になっており、これは専門的な知識やソフトが必要になりますから専門家に依頼する人も多いです。

公証役場で提出するのは定款3通と発起人の印鑑証明書、身分証明書になります。
次に定款の認証が終わったら資本金を払い込み、法務局へ登記申請を行いますが、このときに必要になるのが登記申請書、登録免許税分の収入印紙を貼り付けたA4用紙、定款、発起人の決定書、取締役の就任承諾書、代表取締役の就任承諾書、監査役の就任承諾書、取締役の印鑑証明書、資本金の払込を証明する書類、 印鑑届出書、登記すべきことを保存したCD-RかFDになります。

登記申請は会社設立の最終段階の手続きで、申請が認められたら晴れて法人としての活動をスタートさせることができます。
ひとつ注意しておきたいのが登記申請書の住所と印鑑届出書の住所が異なっていたり、各種書類の日付があまりにも以前のものだと許可が下りませんので住所の相違はないか、あまりにも以前に取得した書類ではないか確認してから登記申請してください。

また、会社設立するときによくある質問として「会社の創立記念日はいつなのか?」というのがありますが、会社の創立記念日の日付は登記申請して許可が下りた日になります。
定款の認証が下りた日や資本金の払い込みが終わった日ではありませんので注意してください。

登記申請が無事終わったら税務署に開業届を提出したり、各種必要に応じて申請を行いますが、これは業種によって異なりますのでそれぞれが調べておきましょう。
インターネット回線を準備したり賃貸を借りる場合も必要な書類がありますので、確認しておきましょう。