会社設立における必要書類のポイントについて

会社設立にあたって手続きを行っていく必要があります。
そして必要書類が複数ありますが、その必要となる書類を事前に用意、作成しておく必要があるのです。
ではその必要書類の作成にあたって何かポイントはあるのでしょうか。

まず一つ目のポイントとして必要書類を作成する前に印鑑を作成する必要があることがあげられます。
もう作成されている方であれば大丈夫なのですが、これから作成するという場合には作成をしておかないと必要書類には署名捺印をしたり、また実印を押したりしなければいけないことが多々出てきます。
ですので必要となる印鑑を作成する必要があるのです。

まず会社を運営していくにあたって必要となる印鑑は4種類あります。
ですのでこの4種類の印鑑はすべて作成しておかなければいけないのです。
まず一つ目に代表社印があります。
これは法人実印となります。
法務局に届け出を出して登録をするべき印鑑となります。
形態に規則はありません。
ですが通常では直径18mmの丸印が使われることとなります。

また銀行印についてですが、銀行における法人口座の開設、また手形であったり小切手の振り出しに使用するものとなります。
経理担当者に持たせることが多くなりますから、代表印とは別に用意しておくべきです。

それから角印である社印があります。
代表印を押すほど重要ではない書類の押印に使用されることとなります。

また横書きのゴム印も必要です。
ゴム印は各種契約書などの署名欄において自筆でのサインの代わりに使用することができます。
これらの印鑑についてはネットショップなどで作成することが可能です。

それからほかのポイントとして個人の印鑑証明書を取得しておくようにしましょう。
また株式会社設立の場合は2通、印鑑証明書を取得しておくことをお勧めします。
というのも、定款の認証を受ける時と設立登記申請の際の2つのケースで印鑑証明書が必要になるのです。
ですので最初から2通印鑑証明書を取得しておけばスムーズです。