法人口座を開設する際銀行に提出する必要書類について

会社設立を行うということは会社を法人化させるということになります。
会社が法人化したということは法人口座を開設することができるということになるんですね。
ですが法人口座って法人であればすぐに簡単に開設することができるというようなイメージがありますが、最近では銀行も法人口座の開設に厳しくなってきています。
というのも、法人名義である口座を用いた振り込み詐欺といったような詐欺が横行していることが原因なのです。

法人口座を開設するにあたって思っているよりも時間がかかることになってしまうかもしれません。
ホームページであったり、また会社案内や賃貸不動産における契約書類を提示する必要があるというケースもあります。
ですのであらかじめ知っておいて対策をとっておく必要があるんですね。
法人口座を開設したくても断られてしまうというケースもあるのです。

法人口座の開設を断られてしまうという場合、考えられるケースに資本金の額が低すぎるということがあげられます。
また事務所の実態がない場合も断られるケースがあります。
一般的にオフィスの賃貸契約書の提出が求められるのですが、オフィススペース自体がなかったり固定電話がなかったりすると断られてしまう可能性があります。
また事業内容、会社の事業目的が不明瞭や不適切な場合も断られるケースがあります。

また法人口座を開設するにあたって用意しておかなければいけない必要書類があります。
どういった必要書類がいるのでしょうか。

その内容としては、まず銀行備え付けのものである口座開設依頼書があります。
それから登記事項証明書、認証を受けた会社の定款、法務局から交付を受けた代表取締役の印鑑証明書、法務局へ届け出た代表印、銀行印に使用する印鑑、本人の身分証明書があげられます。
この必要書類がそろっていないと法人口座を開設することができないのです。
ですので必ず不備がないようにそろえておく必要があります。