会社設立時の必要書類における印鑑証明書について

会社設立にあたって必要である書類は一つ一つそろえるようにしましょう。
複数書類が必要になりますが、すべてをそろえるのはかなり大変で労力がいりそうなイメージがあります。
それに正直何をそろえていいのかわからないというケースもあるかと思います。
ですので紙などに必要書類として何が必要なのか、何を取得しなければいけないのかということを書き出し、一つ一つそろえていくようにしましょう。

会社設立にあたって必要になる書類において、印鑑証明書はとても重要である書類となっています。
また会社設立の手続きを行っていくうえで印鑑証明書が必要になるというケースが二つあるのです。
まず最初に定款の認証を受けるという際に、発起人全員の印鑑証明書を公証人に対して提出する必要があります。
そして二つ目に法務局において会社設立登記を行う際に取締役全員の印鑑証明書が必要になります。
ですが取締役会設置会社は代表取締役のみの印鑑証明書だけでOKです。

印鑑証明書を取得するその方法についてですが、まずは印鑑登録を行っておくことが必要です。
印鑑登録をしていない場合、お住いの自治体、つまり住民票をおいている自治体の役所に対して印鑑を持参して印鑑登録を行って下さい。
フルネームなどの凝った印鑑を用いるのが普通です。
ですが三文判でも登録することはできます。
この印鑑登録を行った印鑑が、いわゆる実印となります。

そして印鑑について印鑑証明書を発行してもらうことが可能となるのです。
印鑑登録を行った際に通常では印鑑カードを発行されることとなります。
ですのでその印鑑カードを使用して印鑑証明書を発行するようにしましょう。

また必ず印鑑証明書の住所は確認するようにしましょう。
発起人の住所、取締役の住所が印鑑証明書に記載されている住所と一字一句違っていないかどうかの確認を必ず行うようにしてください。
印鑑証明書に記載されている住所と記載する住所の書き方だけでも違いがあれば、同一人物と認められないのです。