会社設立の手続きにはどれくらいの時間がかかるの?

会社設立後、すぐに会社としてビジネスを行いたい人は、会社設立をするのにどれくらいの時間がかかるのか気になっている人も多いと思います。

会社設立までにはいろいろと決めておかなければならないことがあり、仮にそれを事前に決めておいたとしても、手続きに時間がかかってしまうため最低でも1週間~2週間くらいの時間がかかってしまいます。

・手続きをする前に決めておくこと!
手続をする前に事前に決めておいたほうがいいものとは、商号と言われる会社名を決める、本店所在地を決める、事業目的などを決めておかなければなりません。

これらは決めるのに時間がかかるため、会社設立をしようと思ったときに考えると時間をロスしてしまう可能性があります。

また、商号や本店所在地、事業目的などは登記に必要な、定款の作成の中で明確に記さなくてはならないので、どんな会社名にするのか、事業目的や将来やりたい事業についても考えておきましょう。

事前に考えておくことで時間が無駄になることはなく、スケジュール通りに会社設立をさせることが出来ますよ。

・書類に不備がなければ1週間~2週間程度!
定款の認証を受けるまでにかかる時間は大体1週間程度だと言われていて、定款の作成に時間がかかってしまうためだと言われています。

定款の認証を受けることが出来れば、登記の申請を行うことになります。

登記の申請にかかる時間は、申請をしてから1週間~10日程度かかると言われています。

しかし、書類に不備があった場合は、申請をしてから登記が完了するまでに時間がかかってしまう恐れがあるので、あまり時間をかけたくないという人は提出する書類に不備がないかをよく確認してから申請を行うようにしましょう。

このように、会社設立には大体1週間~2週間程度かかると言われています。
これは手続きだけでなく書類作成の時間も含まれているため、事前に書類を作成できる場合は登記の申請期間である1週間程度の時間で会社を設立できます。
会社設立に時間をかけたくない人は、商号や本店所在地、事業目的などを明確にしておき、定款の作成をスムーズに行えるようにしておきましょう。
定款の作成をスムーズに出来れば時間をロスしてしまうこともなくなり、自分が決めたスケジュールに沿って会社設立をさせられると思います。
自分で手続きをすると不備があったときに時間がかかりそうで困るという場合は、専門家に依頼して最短時間で手続きを完了させられるようにするのもおすすめですよ。

会社設立と税務署の書類

会社設立するとき、税務署に書類を提出する必要もあります。
時期は法務局での登記が終わったあとになるため、会社設立が一応は完了したあとに、これら税務署への書類を作成し、提出することになります。

どんな書類が必要になるのでしょうか?
必ず必要になるのは、法人設立届出書です
新たに会社法人を作ったことを、管轄の税務署に知らせる書類となります。
これはどんな会社を作っても必ず必要になる書類ですから、作成の上で提出してください。
提出期限は会社設立から2か月以内です。
このような期限もありますから、会社設立の手続きが落ち着き次第、すぐに提出するのがおすすめです。
“会社設立と税務署の書類” の続きを読む

会社設立の書類をダウンロード

会社設立で必要な書類ですが、この多くはダウンロードで手に入ります。
書類作成の手間が軽くなりますし、ダウンロードならどこかへ書類をもらいに行く手間もありません。
この方法で手に入る書類は、この方法で入手するといいでしょう。
“会社設立の書類をダウンロード” の続きを読む

会社設立手続き後の届出

定款の作成や認証から資本金の払い込み、そして法務局で登記申請をして許可が下りたら晴れて法人となりますので会社設立手続きは完了となります。
しかし会社設立の手続きはすべて終わっても、これですべてが終わったというわけではありません。

このあとには会社スタートに向けていろいろなところへ届出をしなければならず、まだまだやることはたくさんあります。
そこで今回は会社設立の手続きが終わったあとにやることをお伝えしていきます。
“会社設立手続き後の届出” の続きを読む

合同会社の設立費用


合同会社は株式会社に比べて知名度が少し低いのですが、その代わりに設立や運営は少し楽だとよく言われます。
その設立が楽と言われるのは、最低費用が安いことも関係しています。
合同会社で必要な最低費用はいくらなのかでしょうか。
“合同会社の設立費用” の続きを読む

合同会社の設立手続き


会社の種類として多いのはやはり株式会社です。
会社設立の手続きも株式会社を想定したものが一般的になっていますが、合同会社を作りたい方もおられるでしょう。
このときはどのような手続きとなるのでしょうか?

合同会社だからといって、この手続きの内容が大きく変わるわけではありません。
基本的な手続きは同じで、会社設立用の書類を用意し、それを法務局で登記するというものになるのです。
ただ、違いもあります。
必ず知っておきたいのが、合同会社の設立手続きでは、公証役場に行く必要がありません。

“合同会社の設立手続き” の続きを読む

会社設立に必要な書類

会社設立するためには様々な書類が必要になり、それらをすべて正しく準備して提出しなければなりません。
個人事業主なら開業届を出すだけで良かったのですが、会社設立となるとやることも多いので戸惑ってしまう人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は会社設立に必要な書類をまとめてみたので紹介していきます。
まずひとつめは定款で、これは会社の名前や会社の所在地、事業内容、機関設計、資本金などを記載した非常に重要な書類であり、いわば会社のルールブックとも言える書類です。

“会社設立に必要な書類” の続きを読む

会社設立で必要な税務署の書類

会社設立が終わった後、営業開始前には税務署で各種書類の届出が必要になります。
これを行うのは法務局での登記が終わったあとになり、厳密にはもう会社ができた後になるのですが、これも事実上の会社設立で必要な書類の1つとしてチェックしておくといいでしょう。
“会社設立で必要な税務署の書類” の続きを読む

会社設立における必要書類のポイントについて

会社設立にあたって手続きを行っていく必要があります。
そして必要書類が複数ありますが、その必要となる書類を事前に用意、作成しておく必要があるのです。
ではその必要書類の作成にあたって何かポイントはあるのでしょうか。
“会社設立における必要書類のポイントについて” の続きを読む