会社設立には不可欠な書類の作成マニュアル

会社設立を行うということは会社を法人化させるということにもつながります。
そのような会社設立を行うことについて、会社設立を行おうとしたら必ず必要となってくる書類があります。
書類に不備がないようにきっちりとそろえる必要があるんですね。
では会社設立において必要となる書類にはどういったものがあるのでしょうか。

まず会社設立にあたって登記を行わなければいけないのですが、その際の登記申請書が必要となります。
登記申請書は代表取締役の署名捺印が必要で、また会社の実印を押す必要のある書類です。
とても重要で大事な書類となります。
ひな形をダウンロードして作成するので非常に簡単に作成することができます。

それからまた登録免許税の収入印紙の貼り付けを行ったA4用紙が必要になります。
登録免許税について、登記申請を行う際に同時に収入印紙によって収めることとなるのです。
A4サイズのコピー用紙で構わないので、そこに収入印紙を張り付けるようにしましょう。
用紙の真ん中あたりに貼り付けてください。
また消印は絶対に押してはいけません。
収入印紙の額面の組み合わせについてですが、登録免許税分の収入印紙があれば特に組み合わせは何でも大丈夫です。

それから登記するべき事項について保存されたCD-RまたはFDが必要となります。
登記すべき事項はOCR用の申請用紙を使うことで書面で用意するということも可能です。
ですが法務局に用紙を取りに行く必要がありまた書式も合わせる必要があります。
ですのでCD-R、またFDを用意することでテキストでの作成が可能ですのでそれがお勧めです。

また、定款も必要です。
定款は発起人の署名捺印、個人の実印が必要となります。
また発起人の決定書という書類も必要です。
こちらも発起人の署名捺印、個人の実印が必要です。
発起人の決定書は本店所在地が全発起人の同意をもって決定されたということを証明するための書面のことになります。
定款で本店所在地を番地まで含めて記載していて電子広告以外の公告方法を選択しているという場合には、この書類は必要ありません。

それから取締役の就任承諾書、代表取締役の就任承諾書、監査役の就任承諾書が必要となります。
会社の設立登記において取締役、代表取締役、監査役といった設立時役員の就任承諾書が必要となります。
取締役、代表取締役、監査役それぞれの署名捺印と個人の実印が必要となります。

それからまた取締役全員の印鑑証明書が必要となります。
取締役会を置くという場合では代表取締役の印鑑証明書のみでOKとなっています。
この印鑑証明書は定款の認証を受ける際にも用意しているものです。

また払い込みをする書面が必要です。
払い込みをする書面では代表取締役の署名捺印、また会社の実印が必要となります。
定款に作成されている資本金について、発起人から口座に振り込まれているということを証明する書面となります。
まず最初に資本金の払い込みを行います。
そして払い込み証明書を作ります。
それから資本金の払い込み証明書を製本して完成です。

そして印鑑届出書も必要となります。
印鑑届出書では代表取締役の署名捺印、また会社の実印と個人の実印の両方が必要となります。
個人の印鑑と同じように会社の印鑑も実印登録を行うことが必要なのです。
実印登録を行った会社の印鑑はこれからも様々な書類において使用することになります。
会社設立の登記を行う際には会社の印鑑の実印登録を行ったことを証明するための印鑑届出書が必要になるのです。
印鑑届出書は法務局のホームページからダウンロードを行うことが可能です。

これで会社設立にあたって用意するべき書類は以上となります。
不備がないようにしっかりと確認しておくようにしましょう。
そしてすべての書類の作成が終わったら書類を綴じる必要がありますね。
これらすべての書類について、綴じる順番が決まっていますから気を付けて綴じるようにしましょう。
法務局が審査を行いやすいように、決められた順番で綴じておくようにしてください。

順番としては、登記申請書、登録免許税の収入印紙を張り付けしたA4コピー用紙、定款、発起人の決定書、取締役の就任承諾書、代表取締役の就任承諾書、監査役の就任承諾書、取締役全員の印鑑証明書、出資の払い込みを証明する証明書、といった順番となっています。
2か所をホチキスでとめて綴じてください。
登記申請書と収入印紙を張り付けしたコピー用紙については、会社の実印で契印をするようにしてください。
また印鑑届出書と登記申請書類はクリップで止めてください。
それから登記すべき事項を保存している磁気ディスクを用意、タイトルとして会社名も記載しておくようにしておきましょう。

これが終われば会社設立にあたって必要となる書類をすべてそろえられたということとなります。
数も多いですし、またしっかりと印鑑なども押してあるか署名捺印を行っているかというところも確認しておく必要がありますね。

じぶんで行うのが不安な人は税理士などに依頼するのもよいでしょう。
おすすめの代行業者はベンチャーサポート税理士です。